ワコーコーポレーション採用情報

常に新しいことへ取り組む姿勢を持っている

総合職 横須賀営業所 唐木田 憲嗣

 設立50年を迎えたこともあり、保守的な企業のイメージを想像していましたが、常に新しいことへ取り組む姿勢を持っていることに驚きました。社員へ貸与している携帯端末をスマートフォンに変えたり、SNSを利用して社内で連絡をとったりと、時代にあわせて会社も変化しています。また、足場の施工に関しても、きちんと法令遵守することはもちろん、フルハーネス安全帯支給や新部材導入の早さなど、安全に対する会社の高い意識を感じられます。
 ワコーコーポレーションは、社員や職方のサービスエンジニアを非常に大切にしている印象があり、新卒で入社した私のような若い人たちの意見もまじめに聞いてくれます。将来は営業所の所長になることを目標にして、知識とスキルをもっと身につけ、社内・社外問わず周りの人たちから高い満足度を得られるような人になりたいです。

一日の仕事の流れ

 お客様と連絡を取り合い、施工の打ち合わせを主にしています。確認した工程や注意事項は、スケジュール管理の担当者やサービスエンジニアに内容を伝えます。
 事務所にいる時は、施工指示書を作成したり、積算といわれる建物の壁の面積を算出したり、見積書を作ったりしています。時には、お客様との会議や足場点検の巡回にも参加します。

寮での生活

 寮といっても借り上げのアパートなので、プライベートが確保され、毎日十分に休むことができるのは魅力的です。何といっても、寮の利用料が安いことにとても助けられているので、遠隔地の人にはありがたい制度だと思います。

仕事なんでもQ&A

入社してから変わったことは?
自分のお客様を持ったことで、責任感が生まれました。また、社会人としてのマナーや度胸が身につき、時間を大切にするようになりました。少し筋肉もつきましたよ。
働く前のイメージと、実際に感じたこととの違いは?
建設業の職人さんは怖いイメージがありましたが、私の営業所には面白い人たちが多く、施工の指示にも柔軟に対応してくれてありがたいです。
この仕事をしていて良かったと思う瞬間は?
お客様から感謝の言葉をいただいた時や、他の関連業者の方から頼られた時など、嬉しい言葉をかけてもらえるとやる気が出ます。