ワコーコーポレーション採用情報

女性でも現場に携わり活躍できるのだと実感した

営業アシスタント職 沼津営業所 中村 絵美

 ワコーコーポレーションで働く前は、女性が現場でどのように携わっていくのかイメージすることができませんでしたが、実際に働いてみると、現場で検地をしたり、工程会議に出席したり、取引先の方とお話をしたりと、できる仕事は様々にあって、女性でも現場に携わり活躍できるのだと実感しました。どの仕事内容も私にとっては初めてのことばかりだったので、入社してからとても好奇心旺盛になり、色々なことにチャレンジするようになりました。
 営業アシスタント職は、ワコーコーポレーションでは比較的新しい職種なのですが、同職種の人が集まって行う会議が毎年あり、他の営業所の人の意見や仕事内容を知ることができて、とても刺激を受けています。ワコーコーポレーションの良さは、女性が活躍できる場を積極的に生み出してくれるところだと思います。

一日の仕事の流れ

 午前と午後にわけて、事前に予定を立てている検地ルートをまわります。現場数は日によって違いますが1日平均4~5件です。場所によって外でお昼休憩をしますが、私は1回帰社し事務所で昼食をとることが多いです。検地終了後は事務所に戻り、報告書を作成します。
 その他、積算登録や図面出力、デリバリーといわれる施工日程や現場の管理表更新などを行っています。

新しい人へ期待すること

 健康な体とやる気がある人に入ってきてほしいと思います。挨拶や報告・連絡・相談がしっかりでき、明るくコミュニケーションをとりながら、更に会社を盛り上げていけるような人と一緒に働きたいです。

仕事なんでもQ&A

仕事をする上で大変なことは?
現場と携わる仕事の性質上、天候に左右されることが多いので、夏の猛暑や冬の厳しい寒さ、特に雨が降ると思うようにいかないこともあります。
ワコーコーポレーションの制度で良いところは?
福利厚生や社内でのイベント企画などがしっかりしていて、会社全体で研修旅行に行ったり、営業所内でバーベキューを実施したりと、社員やサービスエンジニアにやる気と団結力をもたらしてくれます。
一番のやりがいは?
検地報告が足場施工する一部になっていることを実感できます。自分がやった検地結果をもとに職方のサービスエンジニアが足場施工をするので、重要な役目だと思っています。