ワコーコーポレーション採用情報

社風・制度

技術専門職 週休3日制度

 建設関連職種は、日々の仕事場は現場です。移動時間含め、どうしても一日の拘束時間は他職種と比べると長めになってしまいます。そこで、技術専門職社員においては、勤務日を週4日に集約させることで休日数を増やし、一日の仕事内容の充実と魅力ある労働環境を両立させようという発想から「週休3日制度」を2015年度採用者から導入しました。業界の常識を打ち破る、魅力的な制度となっています。

 一日の所定労働時間を10時間とし、週4日勤務することで、一週間あたりの総労働時間数を40時間と計算しています。一般的な8時間勤務で週休2日制の場合と比べても、一週間あたりの総労働時間数は同じになります。休日の取り方は、日曜日のほか、祝日・土曜日・水曜日を基本に、月間休日ローテーションを組んでいます。

 この制度により、疲れがとれやすく体調を整えやすい、自分の時間を作れるのでやりたいことができるなど、良さを実感している社員から声があがっています。

 技術専門職社員については、高校新規卒業予定者を対象に採用しています。ご興味のある方は、当社のハローワーク求人票をご参考下さい。また、高校生の方は、高校の就職窓口を通じてお問い合わせ下さい。

福利厚生の充実

当社では様々な福利厚生がありますが、その一部をご紹介します。

◇研修旅行◇
 毎年4月に研修旅行を企画し、全社員が参加しています。2012年は台湾、2013年はグアム、2014年は石垣島、2015年は沖縄本島、2016年はハワイ、2017年は北海道へ行きました。バス観光で有名スポットをまわったり、班行動でそれぞれに行動予定を立てて観光したり、その訪れた土地を楽しめるように工夫されています。また、帰社した後に研修レポートを提出しています。

◇ビケ共済◇
 当社は、ビケ足場を取り扱っているビケ会のグループ会社を対象とした「ビケ足場仮設事業協同組合」という団体に参加しています。その組合において「ビケ共済」という制度があり、組合員である当社はビケ共済の補償を受けることが出来ます。例えば、ケガや病気のときの疾病補償金が給付されたり、慶弔見舞金が給付されたりします。一般の生命保険や医療保険等と同じような補償を、社員およびサービスマン全員が受けられる制度です。

◇社員会・協力会◇
 従業員・役員の相互慶弔と共済福利の為に、「和光会」という社員会があり、各種慶弔金の給付を受けられます。また、職方のサービスマンによる会社協力会として「光友会(こうゆうかい)」という組織もあり、パトロールや研修・総会等の行事に参加した際の活動経費を精算したり、作業着や備品等の安全衛生対策品を購入したりしています。また、資格取得費用の支援や、事故の際の共済補償金等も受けることが可能です。

◇暑気払い・忘年会◇
 各事業所で年2回開催される納会費用を、当社では福利厚生として会社が負担しています。


研修旅行


研修旅行


レクレーションBBQ

社内研修

 人材教育に力を注いでいる当社では、職種別・階層別の研修や会議が、年間を通して豊富に実施されており、充実した教育制度が整っています。ここでは、そのうちの一部を簡単にご紹介します。 

○入社時研修・・・新入社員に対する会社ガイダンス、研修ビデオ、マナー等の基本研修
○総合職エントリー研修・・・新規大学卒に対する総合職になるための総合研修
○技術専門職研修・・・新規高校卒に対する施工技術や必要知識を学ぶ能力向上のための研修 
○事務職研修・・・事務処理方法を統一するための研修及びシステム変更に関わる勉強会
○営業アシスタント職研修・・・業務に関わる特別教育の他、職務確立や今後の可能性についての討議
○トレーナー研修・・・新卒者を指導するトレーナーのための研修
○仕事基礎力強化マナー研修・・・社会人としての基本的マナーの研修
○管理職研修・・・部下育成の基本的知識と技術を習得する研修
○施工スタッフ新人研修・・・入社1年以内の施工スタッフに対する研修
○フレッシュマン研修・・・入社2~3年目の施工スタッフに対する研修
○ミドル研修・・・入社4~5年目の施工スタッフに対する研修
○ニューリーダー研修・・・入社5~6年目を迎える施工スタッフに対する研修
○リーダー研修・・・リーダーを6年以上の施工スタッフに対する研修

その他にも、営業所所長研修、新卒入社前研修、BLG研修、職長・安全衛生管理責任者研修、などがあります。


事務職研修会議


職務遂行判定試験


施工士検定

社内SNSの活用

 社員・サービスマンが利用できる社内SNS "ホメログ" を導入しています。パソコンやスマートフォンなどから簡単に閲覧・投稿ができるようになっており、コミュニケーションの促進やモチベーションアップにつなげるツールとなっています。

 ホメログは、社員・サービスマン同士が感謝や期待の気持ちをコメントにし、行動指針に沿ったウェブ上のバッジを贈り合うことで、日常の「ほめる」を見える化しています。評価されることにより、一人ひとりのやる気や行動が変わったり、職場が明るく楽しい場所に変化したりしています。他のメンバーが贈り合ったバッジやコメントもサイト上で掲載されるので、他部署の様子や仲間たちの雰囲気を知ることもできます。また、社内でのランキングが表示され、バッジ獲得状況のグラフも見られるので、面白くてわかりやすい内容になっています。

 
WEBサイト画面

 
スマートフォン向けアプリ画面

※「HoooP」は、2017年11月11日より「ホメログ」に名称変更されました

ビジネス版LINE導入

 スマートフォンを中心とした携帯端末にて、個人間またはグループ間でのメッセージ交換や音声通話などを利用できるアプリケーション“LINE”は、日本をはじめ世界中で多くの人々に普及しています。ワコーコーポレーションでは、そのLINEのビジネス版のサービスとして提供されている「LINE WORKS」を導入し、2017年2月から、社内の公式な連絡ツールとして利用開始しました。

 LINE WORKSは、LINEの使いやすさと楽しさはそのままに、企業でも安心して使用できるコミュニケーションツールです。ワコーコーポレーションの社員・サービスマンは、携帯端末やパソコンにLINE WORKSのアプリケーションをインストールしています。馴染みのあるデザインや機能を備え、通常のLINEと同じような感覚で操作することが可能となっています。また、セキュリティや管理機能がしっかりしているため、ビジネスで利用する上でも安全な環境で使える仕組みになっています。LINE WORKSの様々な機能を活用することで、コミュニケーションとともにチームの仕事がはかどります。


PC版アプリ画面